私の顔を、忘れないでください。

健康食品

水

一般的にアルツハイマーは、薬物治療を行います。
薬物治療としては、別ページで紹介したアリセプト、メマリー、レミニール、リバスチグミン貼付剤などが用いられます。
症状に合わせて、適切な治療薬を選択することで、進行抑止効果を期待することができるのです。

ただ、医療現場では、薬物治療のほかにさまざまなリハビリテーションを行なっているようです。
例えば、音楽療法や芸術療法、回想療法、運動療法などが挙げられます。
これらも、進行抑制効果があると言われています。

また最近では、食生活の改善、健康食品の摂取といった民間療法によっても、アルツハイマーの治療ができると注目されています。

民間療法の中でも、最近注目されているのが「水素」です。
水素は、一言で言えば、からだをサビさせない働きがあります。
人間の体には、活性酸素と呼ばれるものが発生すると言われています。
この活性酸素は、からだつまり細胞をサビさせてしまう働きがあるのです。
その活性酸素を中和してくれるのが、この水素というわけです。
水素は、元素の中でも一番小さいので、体のすみずみまで行き渡り、からだがサビてしまうのを防いでくれます。

アルツハイマーは、老化や酸化ストレスによって脳細胞が死滅したり、脳が萎縮したりすることによって発症すると言われています。
しかし、この水素の働きを利用すれば、脳細胞へのダメージを抑えることができるので、結果治療に繋がるというわけです。
ちなみに、水素は人体にとってまったくの無害ですので、安心して治療を進めることができるのです。